最新情報

【2023年ウィンターコンサート終演のごあいさつ】

皆様、先日のウィンターコンサートへのご来場、誠にありがとうございました。12月10日の矢向地区センターでの演奏会では約500名、12月17日の横浜港大さん橋国際客船ターミナルでの演奏会では約800名のお客様にお越しいただき、合計で1300名以上の方々に演奏会を支えていただきました。両会場とも立ち見ありの超満員で、熱気に包まれた、私たちにとっても忘れられない本当に楽しい演奏会となりました。

矢向地区センターでの演奏は、これまでにない数のお客様にご来場いただきました。いつも応援してくださる地域の皆さまへ音楽をお届けできたこと、大変嬉しく思っております。また、4年ぶりに戻った国際客船ターミナルでの演奏は、私たちにとって非常に感慨深いものでした。再び「Welcome to Yokohama」の横断幕の下でベートーヴェン「第九」と横浜市歌が演奏できたことは、私たちにとって大きな誇りです。

本演奏会は、私たちの理念「クラシック音楽の感動を多くの人と分かち合う」に最も合致したものと感じております。来年も、そして再来年も、このウィンターコンサートを続けてまいります。演奏に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

ベートーヴェン「第九」初演からちょうど200年という記念すべき年にあたる2024年の8月4日には、みなとみらい大ホールでベートーヴェン「第九」全楽章を演奏する第10回定期演奏会を予定しています。コロナ禍で延期となった「第九」全楽章公演を、当団黎明期に常任指揮を務め、みなとみらいホール「第九」全楽章公演での再会を約束していた松本宗利音さんにお願いしました。オーケストラも合唱団も更に規模を増してベイフィル史上最大編成で会場に歓喜をお届けします。

今後ともヨコハマベイフィルハーモニーをどうぞよろしくお願いいたします。

2023年12月19日

ヨコハマベイフィルハーモニー

団長 池谷真澄

【ウィンターコンサートのご案内】


恒例のウィンターコンサート「第九演奏会」を今年も12月に開催いたします。
今回は第一楽章、第四楽章を演奏いたします。
現在、ベイフィル、そして公募でお集まりくださった合唱団の皆様、ともに練習に励んでいます。

会場はいつもお世話になっている横浜市鶴見区の矢向地区センター、そしてコロナ禍を経て4年ぶりとなる大さん橋の2カ所を予定しています。

まだ少し先になりますが、皆様のご来場をお待ちしております。


■ヨコハマベイフィルハーモニー ウィンターコンサート

指揮:三原明人
曲目:ベートーヴェン  交響曲第九番 第一楽章、第四楽章(合唱付き)

2023年12月10日(日)14時  矢向地区センター
ソプラノ:中江早希 、アルト :布施奈緒子、テノール :岸浪愛学、バリトン:増原英也

2023年12月17日(日)14時  横浜港大さん橋国際客船ターミナル
ソプラノ:谷原めぐみ、アルト :布施奈緒子、テノール :市川浩平、バリトン:増原英也

【第9回定期演奏会 終演ご挨拶】


去る7月9日、ヨコハマベイフィルハーモニーの第9回定期演奏会を開催いたしました。今回は鎌倉芸術館での初めての演奏会となり、遠方からも多くの方々にお越しいただきましたこと、心より御礼申し上げます。

 

3年間に渡るコロナの規制が解除されてから初めての演奏会でした。練習会場やホールにおける人数制限や間隔制限、マスク着用義務など、合奏をする上でさまざまな障壁がありましたが、皆さまの励ましに支えられながら、少しずつでも前進してまいりました。これまでの苦しい3年間を経て、今回の演奏会では抑圧から解放されたような気持ちで演奏することができたと思っております。ご支援いただいた皆さまには深く感謝申し上げます。

 

次回の演奏会は、8月27日(日)14時から矢向地区センター体育館においてサマーコンサートを開催いたします。いつもはアンサンブル形式でのコンサートですが、初めての試みとして、団員指揮による小編成オーケストラでの演奏を行います。さらに、指揮者体験コーナーもございますので、ベイフィルを指揮してみたいという方は、ぜひお越しください。

 

今後とも私たちヨコハマベイフィルハーモニーをどうぞよろしくお願いいたします。

 

2023年7月11日 
ヨコハマベイフィルハーモニー
団長 池谷真澄

最新情報

【ウィンターコンサート終演挨拶】

12/11に矢向地区センター、12/18に潮田地区センターにて3年ぶりにベートーヴェンの第九を演奏しました。コロナ禍で厳しい制約の中でしたが、久しぶりの第九を素晴らしいソリストの皆さまに協力いただき、両本番とも満席のお客様と楽しい時間を過ごせたことを大変嬉しく思います。

今年は国内外のオーケストラで活躍されている三原明人先生に指揮をお願いしました。三原先生に言われ続けたベーレンライター版の楽譜にできる限り忠実に。ベートーヴェンが思い描いた音楽にどれだけ迫れるかということをオーケストラ・合唱団が共に目指しました。沢山の発見と学びがあり、私たちの再出発に相応しい第九であったと思います。来年度・再来年ともっと良い演奏をお届けできるよう邁進していきます。

次回の演奏会は2023年7月9日鎌倉芸術館にて、第9回定期演奏会を開催します。

指揮:三原明人

曲目:シベリウス/交響曲第2番

 シベリウス/交響詩「フィンランディア」

 チャイコフスキー/組曲「くるみ割り人形」

フィンランドの作曲家シベリウスと、ロシアの作曲家チャイコフスキーを取り上げます。第九に引き続き三原明人先生の指揮のもと、曲を仕上げていきます。是非お楽しみにしていただければと思います。

今年もあとわずか、みなさま良いお年をお過ごしくださいませ。


2022年12月31日 

ヨコハマベイフィルハーモニー
団長 池谷真澄

【アンサンブルコンサート開催報告&第九練習開始】

去る2022年8月28日、鶴見区潮田地区センター体育館にてアンサンブルコンサートを開催致しました。小編成で演奏できる貴重な機会でした。お客様、支援していただいたみなさまには心より御礼申し上げます。
60名の定員制で、近隣にお住まいのみなさまにお声かけしての演奏会でした。コロナ禍にも関わらず予約開始2日で満席になったこと、また演奏会当日に地域のみなさまの姿を見て、私たちの活動は潮田地区の皆さんに助けられていることを改めて実感致しました。

次回の演奏会は12月11日に矢向地区センター、12月18日に潮田地区センターにて3年ぶりにベートヴェンの第九を演奏します。今回も素晴らしい一流の声楽家のみなさまと、指揮には三原明人先生を迎えての演奏会になります。

同じく8月28日から第九の合唱練習がスタートしました。第九ソリストの髙原先生に指導いただきました。コロナの問題でいつもより少ない合唱団で行うということもあり、広く公募はせず前回参加いただいた合唱メンバーの方のみにお声かけしました。制限がありながらも第九公演に向けた練習を再開できたことを嬉しく思います

夏が終わり、冬の第九に向けて始動したヨコハマベイフィルハーモニーをどうぞよろしくお願いいたします。

ヨコハマベイフィルハーモニー
団長 池谷真澄